保育園の職種紹介

保育士、調理員、施設長候補。「Kyoshin ECEグループ」が募集している職種について、
仕事内容、京進で働くメリット、求人情報を紹介します。

調理員

離乳食から乳児食、幼児食まで、
子どもの発育を見守る食のスペシャリスト

KyoshinECEグループでは

安全と栄養を考えた食材・メニュー選びと
調理技術で子どもたちの健康と喜びを生む仕事です。

栄養や調理の知識を活かして、子どもたちの発育を支える仕事であるとともに、保育の一環としての「食育」によって豊かな人間性を育むこともできるのが、「Kyoshin ECE グループ」で働く調理員の醍醐味です。食育では子どもたちに食材に触れてもらい、泥洗いや皮むきなどしてもらいます。安全にこだわった食材を入手し、個々の成長度合いに応じた離乳食、乳児食、幼児食を提供。子どもたちと接することによって、満足感を感じることができるのが、やりがいにつながる仕事です。

  • 調理員さんの1日

    8:00
    出勤/食材の受け取り
    9:30
    朝おやつ準備・提供
    10:30
    離乳食提供
    11:00
    乳児食提供
    11:30
    幼児食食提供(食器洗浄・片づけ)
    休憩(1時間)
    14:00
    おやつ準備
    15:00
    おやつ提供(食器洗浄・片づけ)
    調理室内清掃
    事務作業
    17:00
    退勤

    新しい施設が多く、調理設備が整った仕事のしやすい環境です。また、保育士など他の職種と連携し、食育などにも取り組みます。子どもたちに食材に触れさせたり、皮むきなどの調理に参加させることもあります。直接子どもたちに関わる機会も多く、やりがいを感じられる職場です。

  • 調理員インタビュー

    やりがいは食を通じたコミュニケーション
    乳児から幼児まで、発達が著しい時期のお子様を預かる保育園は、歳児に応じて形状を変えるなど、食べ方や咀嚼回数に配慮しながらの調理が大切。

    また、お子様は知育timeで学んだ野菜の名前を伝えてくれます。食を通じたお子様とのコミュニケーションも保育園調理師のやりがいです。

    働く環境について、保育士・調理員含めて、とても良い雰囲気で、 本当に人に恵まれている環境です。専門職として入社することの責任には不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、サポートする環境も整っていますし、私自身も調理員が気持ちよく働けるように頑張りたいと思っています。