スタッフのお仕事レポート

子どもたちへの思い、やりがい、キャリア、働き方。「HOPPA」「ビーフェア」で活躍する
スタッフたちの転職・入社のきっかけ、仕事ぶり、将来像をレポートします。

子育てと両立

転職できてよかった!HOPPAでこれからも働き続けたいと思います!

HOPPA中広園(広島市小規模認可保育園)
入社の決め手
私は4年前にHOPPAへ転職をきめ、入社しました。
結婚していたこともあり、子育てしやすい職場へというのが理由の一つでもありましたが、働いてみると、研修が充実しているので、若かった私でもスキルアップができ、そのスキルをいかした保育もできるようになりました。

小規模園はゆったりと保育もできるので、ひとりひとりのお子さまに目を向けることができます。

子育てしながらもスキルアップできる!さらに、職員間も仲がよく、意見を言い合い、良い保育ができるようように日々頑張れるーそんな職場です。

転職できてよかったと思いますし、これからも働き続けたいなと思います。

今のお仕事

「HOPPAの素敵なところといえば♪」

HOPPAといえば、やはり知育とEnglish time♪

 

子どもたちが楽しく参加できる為には、何をすればいいのか考えるだけでなく、
周りの仲間と話をしたり、実践し、より良いものにしていくこと、自分も楽しむこと大切にしています!

 

チームワークの良さも自慢です!!

 

小規模であるHOPPA中広園は、定員19名なので、ひとりひとりとゆったりと関わることがき、発達にあわせた遊びを提供することができます。

 

また、ワンフロアなので、縦割り保育ということもあり、子どもたちが小さな子に優しくしたりする姿を一番近くで見ることができることも魅力の一つです。

 

子どもたちと同じように楽しんで自分もやってみること、に気をつけています。

 

 

 

知育だけでなく、製作でも食育でも活動は楽しく参加できるようにしていますが、保護者の方から、「子どもが以前よりも沢山園のことを話してくれるようになりました!」言ってもらえた時には嬉しかったです。

 

 

0歳児を3年もたせてもらいましたが、同じ子はひとりもいないので、ひとりひとりに合わせて保育をすることはとても大変ですが、今までできなかったこと(寝返りができた。ポットんおとしを一人でできた。歩くことができた。手を伸ばして自分を求めてくれた。など)ができるようになるその瞬間を見ることがとても幸せです。

 

そして、

その出来事を他の職員や保護者の方とも共有し、会話が弾むのも幸せだなと感じる一つです。

 

 

私は二人目を妊娠していますが、しんどい時には、休息をとれたり、病院へ
行かせてもらったりと、人間関係もとても良い職場です。

 

 

今後の目標

「これからも保育を学び続けたい!」

毎年2月に行われるHOPPA・ビーフェアの表彰式では、他の県の方たちとつながることができるだけでなく、知育コンテストや壁面コンテストなど、自分では思いつかない他園のアイディアなどを目にすることができるので、そこでも自分のスキルアップにつながっています。

 

広島エリアには、認可の大規模の園もあるので、自分の好きな保育スタイルをさらに追求することができます。

 

小規模園も大規模園も、それぞれ求められるスキルが違います。色々な場所で自分の保育を試すことができる、チャレンジできる場があるのとはとても素敵だなと思います。

 

それを後押しするように、グループとしての研修制度がしっかり整っており、自分自身の保育スキルをしっかりと高めることができるところもとてもよいと思います。

 

今後も自分の保育をきわめていきたいと思います。