スタッフのお仕事レポート

子どもたちへの思い、やりがい、キャリア、働き方。「HOPPA」「ビーフェア」で活躍する
スタッフたちの転職・入社のきっかけ、仕事ぶり、将来像をレポートします。

キャリアアップ

HOPPAの魅力にひかれ、新卒入社。現在副主任として、やりがいを感じています!

副主任 2018年4月HOPPA新卒入社

HOPPA蛍池駅前(大阪府豊中市認可保育園)
入社の決め手
知育と英語という特徴あるプログラムがあるHOPPAに惹かれました!

今のお仕事

「私が思うHOPPAの魅力」

まず一つ目は知育time、English timeがあること。

 

知育timeでは、ひらがなや数字を楽しく遊びながら身に付けることができます。子どもたちが興味を持って取り組める工夫や環境作りを考えるのも楽しいです。子どもの発見をダイレクトに感じることが出来るので、喜びを共感し、次の意欲へ繋げられる楽しさもあります。

 

大人の考えをも凌駕する子どもの発想が見られたりもするので、それも知育timeの魅力だと思います。

 

English timeではネイティブの先生が来てくださるので、本場の英語の発音を聞くことができます。英語の意味が分からなくても、聴覚的な楽しさから英語力を身につけられるのも良い所。

 

子どものみならず保育者もネイティブの先生と関わることが出来るので、保育者も英語力をつけられます!ゲーム感覚で英語に触れられるのがやはり良いですね!
 

 

二つ目に他園との交流が出来ること。

 

自園のみならず他園の保育者と接する機会があるので、その時に各園の様子や工夫を伝え合うことで互いの保育を高め合うことが出来るのが素晴らしいと思います。研修やヘルプで他園に行くこともあるので、参加する度に保育に対する意欲が湧いてきます。
 

 

三つ目に見通しを持って保育が出来ること。

 

HOPPA蛍池駅前は定員20名で、0歳~2歳児さんまでをお預かりするため、小規模園ならではの保育。ワンフロアでの保育を実施しています。

保育園によって様々な配慮が生まれてくると思います。ワンフロアの小規模園だと、子ども全員の動きや他の保育者の動きが一目で見えるので、保育者がお互い声を掛け合って保育を進めていくことが出来ます。

 

毎日保育の流れを決めていても決めたこと通りに事が進むことは珍しいです。なので保育者がお互い声を掛け合い、自分自身の動きを見直しやすい環境は小規模園の良い所だと思います。

 

ワンフロアで3クラスの保育をするとなると、どうしても大変な部分も出てきますが、様々な意見を伝え合い話し合いの場が増えて解決していけるのも良い点だと思います。各保育者の思いや意見を伝えやすいと思います。

 

HOPPAは魅力たっぷりです。

今後の目標

「さらに素敵な園づくりをしていきたい!」

 

「自分は保育士に向いているのかな?」

「自分なんかでも保育が出来るのかな?」

 

と今思いの方へ・・・

 

保育士に向いています!保育できます!

 

熱い情熱と意欲、子どもが好きな気持ちがあれば立派な保育士になれます!自分が保証します。

 

周りの先生も支えてくれます。大丈夫です!

自信を持って一緒に保育をしましょう!

 

子どもも自分も楽しんで一緒に良い環境を作っていきましょう!

 

保育は笑顔!

 

 

私自身、0歳から見ていた子どもが3歳になり、たくさん身体を動かし、たくさんお喋り出来る様になって卒園していったのが、寂しくも嬉しかったです。

 

「いっぱい遊んでくれてありがとう!」と言われた日は思わず泣いてしまいました。いっぱい遊んでもらったのは自分の方であり、たくさん成長させてもらいました。

 

0歳からの成長を見守りつつ、自分も成長出来るのが保育士の醍醐味だと思います。

 

「子どもの成長を傍で見守りたい」そんな意欲のある方と一緒に保育が出来たら嬉しいです!

 

 

皆様と共に保育を出来ることを心待ちにしております!